えぞ式スース―茶

えぞ式すーすー茶がまずい!は本当か?実際に試して、見ました

 

口コミでイビキが減ったとか花粉症が治ったとかで話題のえぞ式すーすー茶、あの広告のおばさんおインパクトは絶大です。

そこで、イビキもうるさいし花粉症でもある私は、これが本当なら一石二鳥とばかりに注文したのでした。ところが、、、、、

 

 

初回、やかんで煮出して飲んでみると「マズっ!なんだこの甘いんだか苦いんだかわからない味は!」と絶望的な気持ちになってのでした。

ネットの口コミで、まずいとあったのは本当でした。

 

でも、いくらイビキや花粉症に効くからと言っても、こんなまずいものが売れるものか?と疑問に思い冊子を見てみると、しっかりと煮出す際の注意が書いてありました。


それは、1パックに500mlのお湯を入れ、5分以上煮出さないこと、それ以上煮出すと味が変わってしまう、と書いてありました。


なるほど、やっぱりそんなわけないよな、と思い再度挑戦。

 

すると、ほのかに甘いそしてちょっとだけハーブ系の味のするすーすー茶が出来上がりました。「さっきと全然ちがう!」。

 

結論:すーすー茶は煮出しすぎするとまずくなる

肝心の効果は実感できたのか?

 

そうです、イビキあり花粉症ありの私ですが、効果を実感できたのは花粉症の方でした。

 

花粉症と言っても目のかゆにに対しては効果を実感できず、かゆいままだったのですが、鼻水が出なくなったのです。

 

これにはびっくりしました。

あの季節鼻水がでると、なんだか風邪をひいたときのような症状になっていたのですが、今シーズンはその症状が出ず、目のかゆみのみで終えました。

 

 

北の達人コーポレーションの「実感できないものは作りません」、という企業ポリシーは本物だったと改めて知ったのでした。